2016年4月11日月曜日

2016 伊吹山ヒルクライム 男子C リザルト 38位 54:34秒

高野山TTから導き出したタイムは伊吹山タイムとどう違うのか。

結果からいうたらほぼ予想通りw


当日つるみんさんと会場入り

さぁはじまるよ


受付済ませて準備とアップ

10分程かけて徐々に上げていく、あったまったところでグッと回してみる。
おお、中々いい感じ。

そろそろ集合という時間になり、つるみんさんと集合場所に向かう。
ここで、ヘルメット被ってないことに気付いて慌てて取りに戻るw

男子Cの招集がかかったので、チームメイトで同カテゴリのちょしさん、かめさんと向かう。
スタートライン付近で「緩斜面は回して行こう」との提案。
しかしながら、この2人に付いて行けるんかな?と不安もあり、ちょっと弱気にアカンかったら早々に千切れるから捨てて行ってね!と言っておく。

結構前の方に陣取れていたので、追い越しを見越して右に寄っておく。

先頭ちょしさん、2番手かめさん、私の順でトレイン組んでスタート。

案の定一気に前を捉えに行く。1kmもしないうちに先頭に合流。
したら、先頭牽いてるのグリーンロードさんですやんw

先頭集団に混じるのかと思いきや、ちょしさんが先頭を奪う形で一番前へ!
マジかw
ここでかめさんに先頭交替も、上げすぎなのでパワー確認して5倍ちょいに押さえてもらう。

緩斜面でまだついていけそうなので、次は私が先頭。
うーん、よく他のブログで見かけるけど、これはアドレナリン出るわw
集団の先頭は気持ちいい!で、適当に交替。と思ったらめっちゃトレインできてるやんw
ハンドサインして、かめさんの後ろに入れてもらう。

で、横にいたグリーンロードさんとお話しながら進む。

ここまでも、ちらっとメーター見ると結構な出力。こりゃ長くは持たんなと思ってたら、緩斜面が終わる3km地点に突入。と同時に斜度が上がり始める。

ここでもう一段負荷が上がる。きっついなと思って先頭確認したら牽いてるのちょしさんw

一番警戒するの身内やったwww

超強い。緩むことなく牽いていく。
さすがにこれ以上やったら垂れてレースにならないので、恥ずかしながら離脱。

一人で淡々と行く事を決める。

6kmぐらい進んだところでまさかのSUNZOKUジャージが見える。
かめさんも千切られた模様。ちょしさん強すぎワロタw

8.5km地点でかめさんを一旦捕獲。「何してんねん」と声かけて一緒に行く。
※後で聞いたら、ちょしさんに千切られて不貞腐れていた模様w

ここで、NIKO FACTORYのお兄さんも加わって3人パックで。
まず、ショートコースのゴール地点があれだと教えてもらい、ここから九十九折れです、と色々と教えてもらいながら進む。

結局、ほとんど牽いてもらったけども・・・

12km弱地点のあたりで、かめさんに「あと4km」と伝えて、2人から離れていく。
弱ーな俺・・・レース中に腐ってる場合じゃないのでゴールまで全開。

13km地点で向かい風。14km地点でゴールの駐車場が見える。
NICOのお兄さんとかめさんも遠くに見える、ちょっと先にO.H.Cのsaekcikさんも見える(あれ?いつ抜かされたんだろうか?)

しかし、もうこれ以上は詰めることは出来ない。ゴール手前で足攣りかける。
あぁきっとあの人と高野山で練習したからだな・・・

犯人は今日も攣ってました。
(プライバシーに配慮しております。)

ギリギリ攣らずにゴール
手動LAPタイム
パワーは高野山TTと全く同じで出し切った


預けた荷物はもはや宝探しで、山田さんが見つけてくれた。
来年出るなら色つきの袋にでも入れてから、ビニール袋にいれよ。みつからんわ、あれ。

と、NICOのお兄さんに御礼を言いに行き握手する。
グリーンロードさんにも御礼と握手。いいねこういうの。

後発のメンバー待ちつつ談笑

個々に出し切った様子で皆ゴールしてくる。いい顔してる。
そろったところで、下る。危ない追い越しかけてくる奴もいてた。
もうちょっと走り方考えろよ。。

カーボンリムにレーザー処理してあるので、ちゃんとブレーキは効く。
けど、付属のイエローキングが相性悪いのかキューキュー鳴く。。うるさい。
新しいフリーボディーはもっと独特に五月蝿い。
あまりに独特で並走気味のつるみんさんに「うるせぇw」とディスられる。
後で聞くと、ほとんどの人が2度見してた模様。まぁ、ここに居てますよ!とアピールできると考えたら、メリットだな(ポジティブ

SUNZOKUからは、エキスパートでHANAKENさん3位、MTB部門で山田さん2位、年代別でnovさん5位と3人が入賞!

凄い。関心してないで練習しよ。

前半のちょしさんの強烈な牽きで幕をあけたレースは、前代未聞の強度で終えることが出来ました。
現在抜け殻ですが、ありえないぐらいに追い込めたので最高でした。

また、皆でレース出たいなー!お疲れさまでした。

んで、前の記事で予想したタイムですが見事に予想通り。

54:45秒からプラマイ30秒予想で【54:34秒】

つるみんさん、やまじゅんさん
52:23秒からプラマイ30秒にほぼ収まるタイム。

ということで、高野山TTのタイムに1.1055かけると伊吹山フルコースのタイムだよ。
逆に、伊吹山のタイムに0.8945かけると高野山TTのタイムだよ。

【追記】
きゃべつさんへ
ブレーキやシフトケーブルのエンドキャップは付けてます。
金属製の重さ、コストの悪さ、カシメても飛んでいくのは嫌で、コレをつかってます。

熱伸縮チューブ

めっちゃ軽いですよ







2 件のコメント:

  1. 会心のレース運びでしたね!
    納得のタイムで羨ましい
    僕は色々ミスってしまい想定タイムに届きませんでしたorz
    また次に向けてもがきあいましょう

    返信削除
    返信
    1. hiroさん

      お疲れ様でした。
      弱気に行ったのが結果として良いタイムになったと言うべきでしょうか。

      hiroさんがフルパワーを取り戻されたら一瞬で千切り捨てられそうですが、また練習でご一緒させて下さい。

      今後もよろしくお願いします!!

      削除