J GREEN SAKAI 3Hナイターエンデューロ

ビビリながら平坦レースに初参戦(落車怖い


3人チームで出場なので、一人1時間交代で走る。
私→やまじゅんさん→くにさんの順。

昼まで仕事して、会場入り、ピットを取る、受付完了。
しばらく一人でうろうろしながら皆を待つが誰もこねーw

SHIMANOのメカニカルカーも準備


集まりだしたところで、ヤマダさんが応援に駆けつけてくれた。
さらにこの後、1号さんも応援に来てくれた!!あざーっす!

当日は、追い風下り、向かい風上りという嫌な感じの状況。
さらにこのレース普段は中々行われないであろう、右回りコース。追い抜きは左から!

スタート時間が迫りトプローさん、近江屋さんとスタート地点へ。近くにコンソメさんやK田さんも。


YOSHIさんがカッコイイ写真を大量にとってくれる(うれしい)



寒すぎて近江屋さん瀕死状態w


そんな瀕死の近江屋さんから、スタートしたら前へ上がれと!アドバイスもらう(落車回避)

ローリングスタート後の1周目で思い切りスピードが上がる。クッソはえーw

スタート!!


近江屋さんはさすがの対応、一瞬で前に入っていった。
私は、前に並んでた人たちが付いて行けずいきなり中切れ、捌けず中切れに巻き込まれる(やらかした
トプローさんも一瞬で上がっていった。状況判断できなさ杉 OTL(ハジメテダカラユルシテ)

その後、トレインを乗り換えていくとコンソメさんを発見。
ソロで出場されているので、少しだけ風除けになれれば思い前に出るもイマイチ役に立ってない。サーセンw

そのまま一緒に走ってると後ろから先頭集団が来たことをコンソメさんから知らされる。
近江屋さんはきっちり先頭グループ。マッスルマッスル!!

今乗っているトレインも集団が現状の速度で落ちつくも、トレインからこぼれそうな人が。
ここで少し早いトレインが来たので乗り換える。んが、コーナーの立ち上がりがインターバル的。
ほほう、これが噂に聞くクリテリウムか!!(今日はエンデューロです

冗談言ってる場合じゃなく地味に足が削がれる。こんなことしてたらブリッジの脚無くなる。
コーナーのRが大きいしペダルで地面を掻く心配もなさそうなので、コーナー前で脚止めてコーナー中盤からジワーっと上げてコーナーを出る走りに切り替える。

そのままのトレインで走ってると、メイン集団キター。追い風+下りのエリアなので恐ろしく速い。
周りの人もメインに乗っかろうとするので、ごちゃついて落車が発生しそう。仕方なく人の後ろに入るもまた中切れ(さて何回中切れしたでしょう?
ブリッジかけるも、追い風下りも手伝って集団は55km/h前後で展開中。自分的にはスプリントの領域。
でも乗りたい。事前にスプリント練習して、STRAVAにエンデューロに向けてスプリント練!とか冗談でタイトルつけてたけど
マジで必要な場面が来るとは。いや、スプリントなんていうにはおこがましい速度ですが。。

ギア掛けてなんとか集団の3m後ろまで迫るも、無酸素で使える足が限界を超えてしまい乳酸爆発ww
期間限定の黄金のタレプレミアム発売開始 OTL

この時点でスタートから約50分、1時間に満たないけど足が限界なので「少し速いけど次」と声をかけて準備してもらう。

ピットインして、計測バンドをやまじゅんさんへ


その後、休憩して応援。
先頭集団に残ってるトプローさんもそろそろ1時間交代のハズ!!
見てると指1本立ててる(後、1週で交代!!の意味)と誰もが思ったけど、次の周回も回ってる!??
ん?ピットの入り口間違えたのかと思いきや、簡単にいうと「カッコつけただけ」・・・
非常に紛らわしいww これはブログ炎上確定ww

んで、トプローさんもやまちゃんと交代したので、他のメンバーの応援に。

(ソロ出場)近江屋さん頑張れー→軽く手をあげて返答
(チーム出場)やまちゃん頑張れー→聞こえてない
(チーム出場)やまじゅんさん頑張れ→聞こえて(ry
(ソロ出場)コンソメさん頑張れー→「誰か代わってー」ワロタw

確認するとやまちゃんとパックで走ってたやまじゅんさんがいなくなる。
「平地足攣りで、釣りじゅんさん再来か?」「千切れた?」「落車?」と思うも無事現れて一言。

「後輪パンクした!」えっ?

くにさん大慌てで準備、ピットインでくにさんスタート。くにさん超元気。さすが平坦部。
速度を落とさずきっちり周回を重ねているが、足の合うトレインがいない模様で辛そう。と思ったら
ちょいちょい遊んでる模様w しかし、さすがの脚力で1時間キッチリと。どこぞのタレ製造機とは訳が違うw

チームAのYOSHIさんも脚の合う人がいなくて、かなり脚を余らせている模様。。
チームエンデューロは難しいな。

うちのチームは一人1時間を守れていないので、くにさんに事前にアンカーを申し出ておく(足回るか不安ですが・・・
1時間でくにさんから「次入るよー」と。ローラーであっためておいたけどラスト約25分走りきれるか?

走り出すと不思議なことに足はさっきより元気。むしろこっから本気(アホ
ローラーで乳酸除去できてたらしい。

さすがにこの時間になると疲労からか危うい走行の人が多くなる。ここまできて落車DNFとかは絶対に嫌。
脚の合うトレインもいないので単独で3週。先ほどと風向きが変わり向かい風区間がないので、何とか一人でも走れる。

そうしてると、3週目の中盤でメイン集団キター!最後尾の人がオーバーテイクした瞬間に後ろにつける。
絶対に中切れだけはしたくないので、左通ります!と声をかけながら前へ、前へ。
集団も疲れて速度が安定しているから出来たこと。冒頭の凶暴なスピードだと無理だろうw
このままラスト3週を集団で終える。ラスト1週もスプリントっぽい動きもなくじわじわと速度だけが上がって終了。

平坦レースは初めてだったけど、皆に助けられて無事終了。第一目標の怪我しないは達成できた。
冒頭で集団に乗れなかった時点で入賞圏外にしてしまいすみませんでした(いきなり千切れて本気で悔しかった・・・

【結果】
ソロ
近江屋さん  3位入賞




コンソメさん 17位

チーム
チームA 8位
チームB 15位 (私のチーム)

【今後の課題】
・速度域が違いすぎて、バイクコントロールが普段と違う。
・45km/hぐらいの速度を自在に操れないと自由に動けない。


坂も平坦も頑張る。もっと脚力つけねば。ダイエットも必要やけど絶対出力上げるのが優先。
マッスルマッスル!!

【追伸】
ローラー台のマグライザー会場に忘れました OTL

コメント

  1. masabowさんの姿が見えんのでおかしいなと思ったんですが、中切れにまきこまれたのですね。
    かく言う僕も集団に頭を抑えられ前に出れず、超高速の逃げ集団に乗れませんでしたが。やはりスタート位置って大事なんですねぇ。

    返信削除
    返信
    1. 集団のスピードが上がる前に位置取りを決めないと駄目でしたね。
      初めての平地レースで要領がわからず、完全に後手を踏んで悔しい思いをしました。

      一気に上がっていくトプローさんがカッコよかったです!!

      今度は一緒に先頭集団で走りましょう!!

      削除
  2. 私も序盤は先頭集団に乗るつもりでしたが、速攻の中切れ発生でしたね。
    こちらはあそこでmasabowさんがいてくれて助かりましたよ。

    けっこう怖いレースでしたが、知り合いがあれだけ多いと楽しめました。
    また、どっかのレース一緒に出ましょう。
    スズカとか超楽しいですよ。

    返信削除
  3. 僕も中切れ後に一人で不安だったんですが、コンソメさん見つけたときは凄い安心しました。ありがとうございました。

    道幅が狭いのと縁石が超怖かったです。速度が速すぎてコーナーの外に振られた時はかなり焦りました。

    広い鈴鹿で走ってみたいです!!ご一緒できれば楽しみましょう!!

    返信削除

コメントを投稿